タバコがやめれない・・・けど健康を考えたいという方に必見です。もう1人で悩む必要なんかありません!禁煙治療薬のチャンピックスを利用すればきっと禁煙に成功します!しかも禁煙開始1週間はタバコが吸えるので、ストレス無くやめれます。

保険適用のチャンピックスは禁酒が必要か

ここ最近の禁煙ブームで、長年タバコを吸ってきたひとでも禁煙にチャレンジする人が増えています。
しかし、なかなか自力で禁煙するというのは簡単なことではなく、挫折してしまう人も多いです。
サポートを受けて禁煙するのであれば、やはり禁煙外来を受診するのが最適です。
指定のクリニックであれば、保険適用で治療を受けてから期間が過ぎているかやm喫煙の期間や本数、問診などの条件をクリアすれば保険適用の上で治療が行えます。
保険適用される禁煙治療ですが、最近の中心になっている方法はチャンピックスによる服薬治療です。
チャンピックスは、ニコチンレセプターに結合してタバコを吸いたいという気持ちを軽減させるというものです。
従来のものと違って、ニコチンが含まれていないのでニコチン依存が深まるなどの危険性も無いのです。
チャンピックスは薬ですので、副作用が発生する可能性はあります。
と言っても、チャンピックス服用での副作用の発生率は1割にも満たない上に軽微なものばかりで、安全性の高い薬です。
しかし、チャンピックスを服用している期間は禁酒をした方が良いと言われています。
なぜチャンピックス服用期間は禁酒した方が良いのかというと、副作用が強く出てしまう事があるからです。
チャンピックスは飲み始めの時に頭痛などが発生しやすいと言われていますが、副作用が発生していたとしても自分では気づかない程度のものだったとしても、飲酒によって自覚があるものになってしまうこともあるということです。
また、チャンピックス服用中にお酒を飲むと、お酒の味が変化するという人もいます。
禁煙期間中は体内のリセットと思って、禁酒も一緒に行うと安心して禁煙を行えます。